一人暮らしのOL朱音のひとり飯。お野菜多めで、世界の美味しいものを作っています。本格的なお味に拘りつつも、出来るだけ簡単なレシピをご紹介しています。

おしゃれなお土産 ラ・フランスと紅茶のパウンドケーキ の作り方

投稿者 朱音  2015年11月15日 (日)

お友達のおうちに遊びに行くお土産にラ・フランスと紅茶のパウンドケーキを焼きました。
そのまま食べてもすっごい美味しいラ・フランスですが、ケーキに入れても美味しいですね!

ラ・フランスと紅茶のパウンドケーキ

ラ・フランスだけでもよいですが、今回は紅茶の葉を合わせてみました。
アールグレイをお薦め致しますが、なければ他の紅茶でもよいと思います。

スポンサーリンク
IMG_20151114_120633

トッピングのラ・フランスはもっと大きく串切りにして並べたほうがゴージャスですが、今回は切りやすさを重視して小さく切っています。
大人だけならブランデーも少々加えると、これまたいい香りになります!
(今回は子供も一緒に食べる予定でしたので入れていません)

宜しかったら是非一度お試しくださいね!

ラ・フランスと紅茶
メイン材料 その他材料
薄力粉 100g
ベーキングパウダー小さじ1
バター 50g
サラダ油    40g(注)
グラニュー糖 85g
卵 2個
ラ・フランス 1個
グラニュー糖 小さじ2
レモン汁 小さじ1
ティーパック(アールグレイ)1袋
(ブランデー 大さじ1)
作り方

1、 2、 3、 4、
計量器にボールをのせ、バターとグラニュー糖を測ります。卵も冷蔵庫から出して、1時間くらい放置して常温にします。 ラ・フランスを5mm厚で小さく切って、グラニュー糖、レモン汁と合わせて3~4分煮ます。 バターと砂糖を白っぽくなるまで混ぜて、卵を割り入れて混ぜます。サラダ油も混ぜます。(お好みでブランデーも) 小麦粉とベーキングパウダーを合わせて振るって加えます。

5、 6、 7、 8、
2のラ・フランスはシロップを切って、1/4をトッピング用に別皿に取り分け、残りをバットなどに広げ小麦粉(分量外)を振りかけ軽く混ぜ合わせる。 4に紅茶を加えひと混ぜし、5のラ・フランスを加え混ぜます。 パウンド型に流し入れ、残しておいたラ・フランスを表面にトッピングする。 余熱ありで180℃のオーブンで30分くらい、160度に下げて15分くらい焼きます。竹串を刺して付いてこなければ焼き上がり。お好みで表面にアプリコットジャムとラ・フランス煮のシロップを混ぜてつや出しを。

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村