【洋食おかずの素】色んな料理に使える作り置き【ソフリット】【ミルポワ】

たれ・ソース

玉ねぎ、ニンニク、セロリ、アーティチョーク、人参、キノコ、オリーブなどをオイルやバターなどで炒めた『ソフリット』『ミルポワ』。味に奥行きが出てお料理がプロ並みに美味しくなります。

スポンサーリンク

『ソフリット』『ミルポワ』の作り方

洋食おかずの素
メイン材料 その他材料
  • 玉ねぎ   大2個
  • セロリ   1本
  • ニンジン  1本
  • 白胡麻油かキャノラー油 200cc
  • 粗塩    小さじ1
作り方

1、 2、 3、 4、
すべての野菜を大まかに切って、フードプロセッサーに入れてガーッとする。 フライパンに油を入れて野菜を弱火でじっくり炒める。 10分くらい炒めて、人参が柔らかくなってたら塩を入れて混ぜる。 瓶につめる。
5、 6、 7、 8、

お料理レシピの最初には香味野菜を炒める工程が入っていますよね。その都度炒めていても面倒臭いし・・・って事で、レストランなどでは予め作り置きしておきます。

・イタリア料理では、ソフリット(soffritto)
・フランス料理では、ミルポワ(Mirepoix)

名前は違うけど似たようなものです。

いろんなレシピがあるのですが、最初はまず味に癖のないキャノーラ油や白胡麻油などで作ってみて!

使用頻度が高いようであれば、バターバージョン、オリーブオイルバージョンなどと違う油で常備しておくと料理ジャンルごとにベストな油を使用した方が出来上がりの料理の味は本格的になりますね。

本当はもっと長い時間炒めて野菜の味をたくさん引き出すものですが、私は色んな料理に幅広く使うのを優先しているため、20分程度しか炒めていません。また、日持ちするように塩を入れています。

『ソフリット』『ミルポワ』の使い方

パスタやお肉やお魚のソース、スープ、リゾット、カレー、チャーハン、マリネ・・・とにかく色んな料理に使えて便利ですよ。