ペコリーノロマーノが利いたチーズ濃厚ジェノヴェーゼ

たれ・ソース

イタリアン好きなら何かと使えるジェノベーゼ。このページでご紹介するのは超激ウマ濃厚タイプ「ペコリーノロマーノが利いたチーズ濃厚ジェノヴェーゼ」です。

スポンサーリンク

濃厚ジェノヴェーゼの作り方

ジェノベーゼ(濃厚)
メイン材料 その他材料
  • 生バジル4パック(今回44g)
  • ペコリーノロマーノ44g
  • パルミジャーノ 44g
  • 松の実     44g
  • ニンニク    2カケ
  • 粗塩      小さじ1
  • オリーブオイル 88cc~
作り方

1、 2、 3、 4、
生バジルを塩少々入れた湯で、30秒くらい火を通す。湯から上げたらギュッと絞る。色止めの為なので茹でないで。 フードプロセッサーに、チーズ角切り、松の実、ニンニクを入れてガガッーと念入りに。 2に、1と、オリーブオイル、粗塩を加え、引き続きガガッーとやる。
5、 6、 7、 8、

濃厚ジェノベーゼの比率

ジェノヴェーゼ(ジェノバペースト)と言っても、人に寄りレシピが様々です。
なので、入っているものさえ間違えていなければ、テキトーな分量で作ればOKなのです。

少々チーズが多かろうが、ニンニクが利きすぎようが、少々松の実が少なかったのでクルミを入れようが、それはそれで美味しいので。

今回の濃厚タイプの大凡のバランスは、バジル1:松の実1:チーズ2:オイル2

バジルを計量して、それに合わせて他の材料を用意します。
バジルは今回4パックで44gでしたので、バジル44g:松の実44g:チーズ88g:オイル88ml としました。

私はレシピ3種類を気分で使っています。

1、ノーマルジェノヴェーゼ
2、ペコリーノロマーノが利いたチーズ濃厚ジェノヴェーゼ(今回のもの)
3、グリーンがきれいなホウレン草入りジェノヴェーゼ

濃厚ジェノヴェーゼのポイント

1、通常より倍のチーズを入れています。

2、ペコリーノロマーノ を使用しています。

3、バジルさっと火を通して使用しています。(グリーンを鮮やかに保つため)

濃厚ジェノヴェーゼの使い方

こちらはチーズがかなり強く効いていますので、カプレーゼなどには、プレーンなジェノベーゼの方がおすすめです。私は主にパスタに使っています。

何も具材がないときは、こちらのジェノヴェーゼを大さじ2入れただけでもかなり美味しいです。市販のより美味しいと自信を持って言えます。

こちらはアサリ入り♪オリーブオイル、ニンニクと白ワインでフランベしたアサリに、ジェノヴェーゼ 大さじ1を入れました。

詳しい作り方はこちらからどうぞ。

アサリとジェノヴェーゼのリングイーネ
作り置き調味料を混ぜて簡単に『アサリとジェノヴェーゼのリングイーネ』を作ったら激ウマでした♡ 材料は~アサリと! ジェノベーゼ(濃厚) と、 アーリオオーリオの素 と、白ワインだけです。 ...

パスタにはバッチシなので、よかったら一度試してみてね~

 

たれ・ソース
スポンサーリンク
LULUPO