マイほめられレシピは “炊き込みご飯” です。とは言っても、自家製の炊き込みご飯の素で炊いてるだけなんです。味のベースが決まると、あとはプラスの調味料でアレンジは多彩です。

お米

投稿者 朱音  2005年02月02日 (水)

 

メニューによって好みのお米を選びましょう!
お米は白米だけでなく玄米やもち米(おこわ)の炊き込みご飯も美味しいです。
 

産地による食味の違い 

多くの品種があるが、それぞれ味わいが異なる。
白ご飯で美味しいもの、寿司に向くものなど様々である。 

味わいの傾向

北海道・東北 しなやか(べちゃべちゃ)
関東・滋賀  中間 東海以西   ふっくら(ぱさぱさ)

産地

北海道、                きらら399
青森        むつほまれ
東北、宮城から北  ササニシキ系 、ひとめぼれ(コシヒカリ系)、
          あきたこまち(コシヒカリ系)
関東、信越から南 コシヒカリ系
近畿から西          日本晴れ
九州       ヒノヒカリ(コシヒカリ系)

新米と古米の違い

新米 収穫後9~翌年4月ごろまで。
収穫直後の9~10月頃が一番美味しいとされ、気温が20度を超える4月ごろから古米化する。

新米の方が美味しいと感じる人が多いが、これも好みの問題で、ひと冬越したお米が本当に美味しいという説もある。 これはデンプン質の変化によるもので、新米のようにデンプン粒子がまだ安定しない為にお米の水分量が多く、口当たり良く甘みが強く感じる人もるし、ひと冬越してデンプン粒子が安定し、味の深みが出たお米が美味しい人もいる。

もともとブレンド米とは、価格の安定の為だけでなく、そういったお米を年間安定した味で供給するためにしていた技術である。

古米の場合は、お米のたんぱく質も変化し、水都なじみにくくなるために、炊いた時ぱさぱさしたご飯になりやすい。また、脂肪の酸化も進み、不快なにおいを感じるものがある。そういった場合は十分に念入りに研いでから炊けば美味しくなる。

無洗米で炊く

お米にぬめりを出したくないパエリアなどは無洗米が向いています。

玄米で炊く

意外にどんな炊きこみご飯でも美味しいですが、鶏牛蒡や、塩コンブとの相性がいいように思います。

もち米で炊く

おこわですね。こちらも醤油味でも塩味でもオイスターソース味でも美味しいです。

“うるち米” のレシピも水の調整するだけで “もち米” で炊飯器で炊けますよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村