いのちの線引きについて考える

投稿者 朱音  2015年01月01日 (木)

 

衝撃のサイトをみつけた。それは去年の2月のことで、その時にこの記事を書いたまま非公開にしていたのだけど、やっぱり公開しとこうかな。

ちはるの森

なんと! “と殺ワークショップ” なるものを開催しているお嬢さん“ちはるさん”のサイト!
いまどきのお嬢さんっぽくオシャレなデザインのサイトで衝撃の内容ってミスマッチがイケてます。

 

イケてはいますが、やっぱり内容はキツイです。
ヴィーガン、ベジタリアンの方からの批難の声も多いのもわかります。 

グロ画像ありなので観覧注意!
うさぎはかわいい味がした。うさぎ狩りと解体してきたよ。 

とか

グロ画像ありなので観覧注意!
今年も普通の女子が鴨を絞めて、お雑煮にしたよ。

こちらのお嬢さん、美しい顔してスゴイことなさる。

表現者なんだね。
こちらを読むと趣旨がわかる。 

いのちをどこで区切る?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「確かに、見た目は残酷なことかもしれない。
でも、食卓にお肉があるってことは、どこかでこういった行為が行われてるわけでたくさんの人が、その「過程」を知らないでお肉を食べてる。
だからこそ、見えなくなった「過程」を伝えるためにWSを企画したり情報発信しているんだけどな。」
引用: ちはるの森
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本当にそのことだけなら立派だと思います。
でも表現者としての使命感からそこまでやるならエゴイストだなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「やっぱり、意識がある・無い、痛みを感じる・感じないで

いのちの重みを判断するのは、私はしっくりこない。
結局は人間が判断できるところだけで決めちゃってるような気がして。」
引用: 
ちはるの森
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

倫理観の違いなので何が間違いとかありませんけど・・・。
私たちは人間なので、人間の感情で決めてしまうのは良いと思うんですね、私は。

私は今はお肉もいただきますけど、以前はベジタリアンをしていた時期もあります。
そのときのキッカケはドナドナ号に遭遇したこと。
危険を察知して必死に泣き叫んでいた牛さんと目が合ってしまったこと。
そこから2年間はお肉が食べられなくなってしまったの。

その頃、ちゃんと勉強しようと思ってピーター・シンガー“動物の権利”とか読んだりして・・・今でもそういう思想は持っているのだけど、私の場合、アレルギーになって肌は粉がふき、体重が36キロまで落ちて、駅の階段が一気に上がれなくなって、頑張って無理やり普通の食事に戻した経緯があります。

体質にもよるんだろうけど、やっぱり動物性たんぱく質がないと生きて行けないんだ・・・。子供のころも牧場行ったあとは食べられなかったのだけど、そんな思いは消化して大人になってしまったけど、もう一度、この経験で消化し直した感じです。

「かわいそう」って思って、罪の意識があるからこそ感謝することが出来て、命をいただく言葉、“ごちそうさま” って心から言えるんでは?

 

「動物だって植物だって同じじゃないか?」

っておっしゃる方、私の周りにも多いんですけど、本当に一緒ですかね?
(潜在意識で)罪の意識が深すぎて認めたくないから、健在意識ではそうなるんじゃないですかね? 

同じように手をかけたならば、自分家の犬と、庭の植木と一緒ですかね?

わたしは線引きをするのは当然のことだと思うんです。
それをどこで区切るのか?は、人それぞれの考え方の違いなだけで、絶対にどこかでいのちの線引きはしてるんです。誰だって。

人間の赤ちゃんは食べないでしょ?犯罪になるとかならないとか係わらず。
人間の話は別だろ~って言うなら、そもそもそこで線引きしてるわけで。

 その人たちは

人間  動物・植物  

なんでしょう。

 

私は

人間 l 動物  植物

なわけで。
更に突き詰めると動物の中にもいくつもの線引きがあります。 

 

ヴィーガンさん(なった理由によるけど)は

人間・動物  植物

なんでしょう。

 

 

こういった話をしてるとよく聞くのがもうひとつあってね、

「彼らは食べられるために生れてきてるからね」

 

・・・返す言葉もみつかりません。
どんだけ自分勝手に考えられるのでしょう。 

 

 

 

 ご興味があれば、、、
畜産動物についてはこちらのサイトをご覧ください。

スポンサーリンク